東京ガス横浜中央エネルギー株式会社東京ガス横浜中央エネルギー株式会社TYE

ヨコエネ公式ブログYOKOENE OFFICIAL BLOG

2016.05.19

ガスを使ったライフスタイル

疲労・筋肉痛に効果的な入浴方法とは?

こんにちは、ヨコエネです♪

最近は日中の気温がぽかぽかと暖かく、外で気持ち良く過ごせる季節になりましたね。

屋外でのスポーツを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

 

でも、久しぶりに運動すると後で筋肉痛になったり、いきなり動かしたせいで体を痛めたりすることがありますよね。

そんな時に効果的な入浴方法をご紹介します。

 

 

疲れた体を癒す入浴方法

 

1、筋肉疲労の回復にはシャワーよりも浴槽入浴!

  日々の入浴をシャワーだけで済ませてしまっていませんか。体の汚れを落とすだけな

らシャワーだけでも十分ですが、筋肉疲労の回復効果を狙うなら、①血行を良く

する「温熱作用」②血液循環を促す「水圧作用」③筋肉の緊張をほぐす「浮力作用」

が得られる浴槽入浴がオススメです!

 

2、石鹸の泡を使ってマッサージ!

  腕や足など疲労した部位をマッサージすれば血行促進がさらに高まりますが、凝り固

まった筋肉を力任せに押すと筋肉を傷めてしまう恐れがあります。そのため、石鹸を

泡立てて滑りを良くし、手のひらや指の柔らかい部分を使って筋肉をやさしく圧迫し

ましょう。

 

ただし、ねんざ打ち身骨折などの怪我をした場合は、入浴せずに冷やすことが大切です。あたためて血液の循環が良くなると、怪我が悪化する可能性があります。患部を湯船から出して入浴しても、「温熱作用」や「水圧作用」でほとんど意味はありません。炎症がおさまるまで入浴は控えましょう

※自分自身で判断せず、応急処置が済んだら必ず医師に相談しましょう。

 

気温が上がるこの季節。ついついシャワーだけで入浴を済ませてしまいがちですが、疲れた時こそ湯船にお湯を張ってゆっくりバスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

(出典)風呂文化研究会発行「運動とお風呂のいい関係 日々の入浴で健康に 浴育のすすめ vol.5」※「浴育」「浴育のすすめ」は東京ガス㈱の登録商標です。