東京ガス横浜中央エネルギー株式会社東京ガス横浜中央エネルギー株式会社TYE

ヨコエネ公式ブログYOKOENE OFFICIAL BLOG

2020.10.20

ガスを使ったライフスタイル

おうち時間に本格的なパン作り! ~「りんごぱん」のレシピ~

こんにちは、ヨコエネです。

 

朝晩が段々と冷えてきてすっかり秋ですね。

今回は、旬のりんごを使ったパンのレシピをご紹介いたします。

 

ガスオーブンを使った、おうち時間におすすめの本格的なレシピですよ!

 

りんごぱん

香り高くソテーしたリンゴを入れた愛らしいリンゴ形のパンです。

リンゴの甘い香りに包まれるひとときを楽しみましょう。

 

 

調理時間:150分

 

材料

▼10 コ分 (直径約9cm)

[A]

強力粉(普通強力粉)…300g(100%)

インスタントドライイースト…6g(2%)

きび砂糖…30g(10%)

塩…3g(1%)

スキムミルク…30g(10%)

水…201g(67%)

バター(食塩不使用)…45g(15%)

≪フィリング≫

リンゴ…小4コ(約800g)

バター(食塩不使用)…15g

グラニュー糖…60g

レモン汁…小さじ1

ブランデー…小さじ1

シナモン…適量

アルミカップ(直径10cm)…10枚

卵…適量

プリッツ…適量

 

作り方

▼01

ニーディング(約20分)

ボウルにAを混ぜ合わせ、Bを加え混ぜて水和します。グルテンを引き出し、しっかりとつながるまでこねます。表面がサラッとしてくるくらいまでしっかりとこねてから、バターを加え混ぜます。

さらにしっかりと叩く、こねるを繰り返してこね上げます(こね上げ温度 28~30℃)。

 

▼02

一次発酵

ボウルに入れ、乾燥しないように発酵させます。

ガス高速オーブン 35~40℃ 約40分

発酵前の大きさの約2.5倍になったらフィンガーテストをし、発酵の具合を確かめます。

 

▼03

分割・ベンチタイム(約15分)

生地を10等分にしてきれいに丸め直し、ベンチタイムをとります。

 

▼04

フィリングを作ります。

リンゴは皮をむいて10等分のくし形切りにし、芯を取ります。フライパンにバターを入れてリンゴをソテーし(中火)、グラニュー糖とレモン汁を加えます。

水分が出てしんなりしたら火を止め、ブランデーを加え混ぜます。好みでシナモンをふります。人肌くらいに冷まします。

 

▼05

成形

約10×18cmの長方形に伸ばします。横長において真ん中より少し上にリンゴを並べ、手前から巻くようにかぶせます。端を合わせて円形にし、4ヵ所位に切り込みを入れ、アルミカップに入れます。

 

▼06

成形発酵

乾燥しないように発酵させます。

ガス高速オーブン 40~45℃ 約25分

 

▼07

焼成

卵を塗り、焼成します。

ガス高速オーブン(予熱なし) 170~180℃ 13~15分

 

▼08

仕上げ

中央にプリッツを刺して、ヘタに見立てます。

 

アドバイス

▼01

リンゴは紅玉、ジャズリンゴ等、実がかためで酸味のはっきりした品種がおすすめです。

▼02

成形はフィリングの汁が生地の閉じ口につくと開きやすくなるので注意してください。

 

 

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

~ガスコンロ(グリル含む)・ガスオーブン使用時のお願い~

・換気扇を必ずつけましょう

・取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【レシピ出典:東京ガス 食情報センター】

【レシピ】りんごぱん

 

作成:2020年9月