形もサイズも自由に選べる造作バス

古くなったお風呂をリフォームしたいが、柱や梁の制限がありユニットバスを入れると空間が小さくなってしまうとのお悩みでした。
在来工法(造作)にて、構造体の柱や梁は残し、防水工事をしてから天井・壁・床それぞれ選んだ材料で工事を行うことで、空間を小さくすることなく改装しました。

(リフォーム担当者)

施工概要

施工箇所
浴室
住居タイプ
マンション

●在来工法とは?ユニットバス・システムバスとの違いは?●

今回ご紹介した在来工法のお風呂は、それぞれご家庭の浴室に合わせてサイズや形、材料を自由に選ぶことができます。
しっかりと防水処理を行う必要があるため、工期はユニットバスに比べて長くなります。
壁や床にタイルを採用することも可能なので、自分だけのこだわりの空間を作りたい!という方におすすめです。

一方で、ユニットバス(システムバス)は工場生産された床、壁、浴槽などをその場で組み立てる浴室です。選択肢の幅は広がっていますが、在来工法と比べると浴室スペースによって形や材料は制限があります。
お手入れのしやすさや工期が短いことから、リフォームでは多くのお客さまに採用されているスタイルです。

ビフォー・アフター

Before
After