引戸タイプの玄関ドアの防犯性アップを実現

事務所兼自宅の玄関ドアを、防犯性の高い鍵にしたいとご相談いただきました。
施工日数が短く断熱性のある玄関ドア(リシェント)への交換をご提案し、お好みのデザインをお選びいただきました。
 
(東京ガスライフバル横浜鶴見 リフォーム担当者)

施工概要

施工箇所
玄関ドア
使用商品
LIXIL リシェント P15型
工事期間
1日間
住居タイプ
戸建て

玄関ドアのビフォー・アフター

exterior_before
Before
exterior_after
After

引戸でも安心の防犯対策

古いタイプのドアは鍵が1箇所にしか付いていないことや、ガラス部分が大きいため、割られてしまうことも。 LIXILのリシェントは、室外側も室内側も家族を守る防犯対策がされています。

◆ 室外側

リシェント_室外側

[1]ピッキングに負けない「2ロック仕様」
解錠に時間がかかるカギほどドロボウから狙われにくいもの。2ロックを標準装備し、シリンダー自体が不正解錠しづらい構造なのでピッキングなどによる「施錠開け」対策に効果的です。(仕様によってロック位置が変わります。)

こじ破りに強い、「鎌錠」を採用
「鎌錠」は鎌がフックの役目となり、枠と障子のかみ合わせを強化。抜けにくい構造で、こじ破りに対する抵抗力を高めています。

◆ 室内側

リシェント_室内側

[1] 「セキュリティサムターン」でガラス破り対策
サムターン(つまみ)を動かしても解錠できないようにするセキュリティサムターン。外出時や就寝時に機能させておけば、万一ガラスを割られて手を入れられてもサムターンを操作して扉を開けられる心配がありません。

[2] 目で確認しやすい施解錠表示
室内側からは、サムターン(つまみ)を上下操作して施解錠。色付き表示なので、カギの閉め忘れ防止に役立ちます。

[3] 破壊されにくい「安全合わせガラス」

関連する施工事例

\玄関ドアリフォーム他、施工事例を更新中/