東京ガス横浜中央エネルギー株式会社東京ガス横浜中央エネルギー株式会社TYE

2020.04.06

人事ブログ

自然災害が起きた際に私たちができること◆採用関連ブログ◆

こんにちは。採用担当です。

本日は緊急時の対応についてとガスメーターの復旧方法をお伝えいたします。

「緊急時の対応は気になるけど、ガスメーターの復旧方法なんて関係ないよ!」

と思っているそこのあなた!!

 

自宅で地震が起きた時、ガスが止まった際もご自身で復旧作業をしていただけるのです!

覚えていて損はありません。

 

さて私たちが住んでいる日本は地震が多い国ですが、

大きい規模の自然災害があった際はライフラインの復旧のために全国のガス会社が一丸となり

復旧の為に働いている人がいることをご存知でしたか?

 

2018年に起きた大阪府北部地震や熊本地震では

弊社も応援隊として社員が現地入りしておりガス復旧作業に尽力致しました。

 

他のガス会社も合わせて12社より2200名が召集し、

道路や個人宅のガス管の修理や開栓作業を行います。

 

ガスは一件一件安全を確認しながらの復旧ですので、

時間がかかりますが、お客さまにお会いし安全性を

お伝えしながら迅速な復旧作業を目指していきます。

 

「人の為に働きたいです」と言ってくださる学生も多いのですが、

その意気込みの通りに大きな震災の場合は現地にて応援隊として働くこともございます。

実際に現地に行った社員は「人の力になれることが嬉しかった」と話しておりました。

 

熊本の震災の際は現地のお客さまからは

「来てくれたことでとても安心した。本当にありがとうございます。」というお言葉も頂いており、

そのような話を聞くと、実際に行くことで心細さを解消することができ、

人から人へ与える影響力は大きいのだと感じます。

 

明日はわが身で、いつ大きな地震がくるか分からない不安な日々ですが

今のうちにガスメーターの自主復旧方法を確認しましょう↓↓↓

震度5以上の地震を感知するとガスメーターは勝手に止まるようになっています。

ガス漏れ等の不具合が起きている時は自主復旧ができませんので

安心して対応してください。

 

1.
まずは復旧方法の準備として、すべてのガス機器を止めます。

2.
メーターに付いているボタンを奥までしっかり押して、手を離します。

赤いランプが点滅するとOKです。

3.
その後約3分ほど待ちます。

(この間にメーターが自動でガス漏れがないかを自動でチェック致します!!)

4.
3分間経過後、ガスメーターの赤ランプが消えていれば復旧完了です。

ガスがご使用頂けます。

もし赤いランプが消えない場合は、東京ガスまでお電話して頂くこととなります。

 

 

その他被災時に必要なもの等調達も忘れずに。

それでは本日はこの辺で。